開運を願った印鑑鑑定

印鑑イメージ

印鑑鑑定という言葉を聞いたことはありませんか?
印鑑鑑定とは、印鑑には所有者の運命が刻まれているという考えをもとに、印鑑からその運命を読み取ろうというものです。
印鑑鑑定のように、今、所有している印鑑を鑑定することもできますが、逆に、運勢の良い印鑑を作ることもできます。

当然、印鑑ですから、所有者と無関係の文字を彫ることは、実用的価値を持たず、意味がありません。
所有者の苗字、名前または氏名を刻んだ上で、いかに開運の相にするかというのがポイントになります。

印鑑の上下左右は、それぞれ8つの運をつかさどると考えられています。
成功・愛情・交友・財産(健康)・住居・家族・希望・才能の8つです。

印鑑の上を成功、下を住居、左を希望、右を交友のように当てはめ、成功と交友の間を愛情のように、残りの運を当てはめて考えます。
これを記した図を八方位図といいます。

これをもとに開運の印鑑に仕上げたものが吉相印です。
人それぞれ、もって生まれた運の中には、強いものと、弱いものがあります。開運の印鑑は、印相体という書体で作られます。
刻印面の外枠と文字が接する点を接点といい、接点を吉数にします。

その際、強調したい運は強めにし、その方位の接点を多くします。
しかし、だからといって八方全てを強調した印は、運気が散らばってしまい、逆効果であるといわれます。

また、刻印面だけではなく、印鑑の素材にも運気を握る鍵があります。印鑑素材は生まれ年によって相性があります。
一般に樹脂製のものは凶とされ、天然素材がいいといわれています。

去年一年、いいことがなかったなあという方、開運の印鑑で、あなたの運気を上げてみませんか?
こだわって作った印鑑は、きっとあなたにとって一生物となることでしょう。

〔おすすめのネット通販サイト〕

ページの先頭へ